ドクター雨仕舞い その他 雨漏り実験 散水台風性能実験①

Updated: Apr 6



雨漏りの実験です。屋根・外壁部材メーカーが実験に協力してくれました。 換気レジスターの各メーカーが提供してくれました。有難うございました。 このような実験は技術屋のモチベイションを上げます。 散水台風性能実験① 1.棟換気ユニット 換気ユニットとは、軒裏天井ではなく、屋根の最高部からの小屋裏換気の排出口です。 換気を最高部から排出するので、効率がよいのですが、当然雨漏れの危険性は高まることになります。 ①実験の目的  各種換気ユニットについて、送風下における水密実験および飛散の有無を確認する。 ②実験装置  耐風圧試験用送風機および散水機を使用して、実験体に水を噴霧しながら任意の風速で送風できる。 ③実験方法  実験体全面の水平面に240㎜/時の水を噴霧しながら、送風し、実験体の小屋裏内部への漏水の有無、飛散の有無を観察する。 送風方向は水平とし、送風を2段階に変化させ送風する。 吹出し口から実験体までの距離は1.7mとし測定する。 ④実験条件 項目条件

送風距離 1.7m 風速 30m/秒、60m/秒 散水量 240㎜/時間(ただし風速60m/秒を除く) 送風時間5分(各風速ごと) ⑤考察 全ての場合で、少量の漏水が見られたが、非常に厳しい環境条件を設定した実験であることから、通常は問題ない。 ただし実験結果より、立ち会ったメーカーの担当者が現実を見たわけで、より漏水しないように改善要望をした。 耐風に対しては全メーカー問題なし。

1 view0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語