ドクター雨仕舞い サーモグラフィーカメラ

Updated: Apr 13

過去5年間に、5回の雨漏りをおこした現場です。

雨漏りを直したのですが、さすがに信用がなく、雨漏りしないという証明をしなければなりません。雨漏りがしない証明は難しく、「悪魔の証明」となります。 雨が漏れる証明は理屈が簡単です。1箇所集中的に水をかけ、漏れたら証明可能です。ところが雨が漏らないという証明は、ここが漏らなくても、他は漏れるかもしれない。水をかけて10分間漏らなくても、30分かけると漏れるかもしれない。30分漏らなくても1時間かけると漏れるかもしれない。永遠に証明不能です。だから「悪魔の証明」と言われます。しかし、漏れないという証明を要求されます。温度を感知する赤外線サーモグラフィーカメラで、雨漏りを見つけ出します。結果として、3箇所から漏れてきました。

①シャッターボックスコーナー

②バルコニー排水ドレンまわり

③縦樋固定金具

ただ雨漏りの浸入口が一発で判るのと思いきや、浸入口を見つけるのが難しく、技術屋の経験によるノウハウです。

結局は技術屋の経験と勘が大切ということです。


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語