ドクター雨仕舞い サーモグラフィーカメラ

Updated: Apr 13, 2021

過去5年間に、5回の雨漏りをおこした現場です。

雨漏りを直したのですが、さすがに信用がなく、雨漏りしないという証明をしなければなりません。雨漏りがしない証明は難しく、「悪魔の証明」となります。 雨が漏れる証明は理屈が簡単です。1箇所集中的に水をかけ、漏れたら証明可能です。ところが雨が漏らないという証明は、ここが漏らなくても、他は漏れるかもしれない。水をかけて10分間漏らなくても、30分かけると漏れるかもしれない。30分漏らなくても1時間かけると漏れるかもしれない。永遠に証明不能です。だから「悪魔の証明」と言われます。しかし、漏れないという証明を要求されます。温度を感知する赤外線サーモグラフィーカメラで、雨漏りを見つけ出します。結果として、3箇所から漏れてきました。

①シャッターボックスコーナー

②バルコニー排水ドレンまわり

③縦樋固定金具

ただ雨漏りの浸入口が一発で判るのと思いきや、浸入口を見つけるのが難しく、技術屋の経験によるノウハウです。

結局は技術屋の経験と勘が大切ということです。


1 view0 comments

Recent Posts

See All

我々には、良い住まいの中で、充分に長生きして、素晴らしい人生を楽しむ権利が残されています。生活習慣を点検して、下記の逆を行えば、長生きするでしょう。間違っても、下記の通りを行なってはなりません。 1.夫を太らせなさい、25㎏太らせたら10年早く自由を手に出来ます。 2.酒をうんと飲ませなさい。強い酒を、グラスをほしたら、すかさず何度でも満たしてあげることです。とりどりのおつまみをしこたま出すことも