ドクター雨仕舞い バルコニー 排水ドレン②  雨漏りの可能性

Updated: Apr 13


工事途中の現場で、バルコニー排水ドレン周りです。

ドレン周りは、雨漏りの可能性の高い部位です。

防水施工の重要ポイントです。


一体化された純正部品を使用して、施工しています。 入隅コーナーや出隅コーナーにも、役物と呼ばれる部品を使用しています。

現場施工だけでは納めていません。

防水メーカーも配慮しています。

その上にオーバーフロー管を設けています。 居室の前にあるバルコニーなら、水が溜まっても、入居者が異常に気付きます。

フラットルーフなどの、入居者が見えない箇所では、必ず、オーバーフロー管を設けることが原則です。 点検できない箇所は、それなりの対策が必要です。

オーバーフロー管が詰まった場合には大変なことになります。 本来は水平方向が同じ位置で垂直方向の差よりも、水平方向がズレている方が好ましいです。

1 view0 comments