ドクター雨仕舞い バルコニー 雨漏りの結果 木部の胞子

Updated: Apr 13


長期間、雨漏りに気付かない場合があります。

特に、バルコニーの雨漏りで、下に居室のない場合です。

バルコニーが跳ねだして、雨漏りしても、外部に漏れるために、気付かないまま、腐りが進行することがあります。

逆にいえば、居室に不具合現象がでないので、クレームになりにくい面もあります。

住宅会社でも、昔は、このようなプランで、バルコニーは外部にだすルールがありました。 雨漏りしても、被害が少ないのです。それだけ、バルコニーは危険だと認識されていました。 現在は、防水性能がアップしています。FRP防水や鋼板防水です。したがって、技術屋も、危険を「危険と認識しないことが危険」です。危険のトリプルです。雨漏りしていることにはかわりありません。写真は、木部の腐りの比較的早期段階です。白い胞子状のものがついています。この時期を過ぎると、腐りが一気に進行します。

0 views0 comments