ドクター雨仕舞い バルコニー 雨漏り原因 バルコニー笠木

Updated: Apr 13

バルコニーの雨漏りの検証です。笠木の仕舞いがうまくいっていません。外壁仕上げがサイディング張りと乾式タ

イル張りです。2種類の仕上げを使用する場合は、取合いが問題となります。職人が違います。別会社の職人がそれぞれ施工します。お互いに、自分の仕事を勝手に行ないます。 タイルの下葺き材は透湿防水シート、サイディングの下葺き材はアスファルトフェルトです。

接触するところがでます。相性が悪く、お互いに不良な状態です。この時代は、「通気工法」を採用していませんので、「直張り工法」です。

入った雨が抜けずに、「毛細管現象」になり、アスファルトフェルトも湿っています。 内部の構造体が木製ですので、腐り・カビがきています。入っているところは笠木ですが、水が抜けないために、被害が大きくなりました。 基本的に雨水は若干入ります。ゼロにはできません。入った水を速やかに排出する工夫が必要です。その最も効果的な手法が「外壁通気工法」です。直張り工法の場合は、何らかの不具合が発生している場合が多いです。

0 views0 comments