ドクター雨仕舞い バルコニー 雨漏り現象 バルコニー柱腐り②

Updated: Apr 13


雨漏りの結果、バルコニーの柱が腐っています。雨水が浸入しなかったら、このようなことはありません。それにしても、腐りの進行が早いです。木構造で換気・通気がないと、極めて早いです。シロアリの被害と合わせて、ズボズボという感じです。上に乗ったら、崩れそうです。よく支えていました。

このような結果になるには、当然、原因があります。バルコニーで、雨漏りする箇所、つまり雨水の浸入口のことですが、大体経験的に決まっています。例えば、笠木まわり、排水ドレンまわり、掃き出しサッシ下端、本体壁取合い、風抜き穴周りなどです。そこだけを集中的に配慮した仕事をすれば、かなり防ぐことができます。配慮せずに、通常の仕事をすれば、これらの役物箇所は雨漏りする可能性が大きくなります。通常の職人が、注意して一生懸命仕事をすれば、可能です。特別に優れた職人を要求しているわけではありません。結果で判断されてしまうのが、技術屋の世界です。

0 views0 comments