ドクター雨仕舞い 外壁 切妻の換気ガラリ


切妻屋根の小屋裏部分に、既製品の換気ガラリがとりつけてあります。ここからの雨漏りです。換気ガラリの出幅は48㎜。 換気ガラリの排水溝は壁面から38㎜の位置についています。外壁の仕上げが左官下地でタイル仕上げになっています。 排水口の位置が、外壁仕上げ面から充分に出ておらず、雨水が排水されずに、建物側に浸入しました。少しの風で浸入します。 仕上げの厚みが薄いサイディングならこれでうまくいったのですが。仕上げ厚みを考慮して、部材を選択する必要があります。 出が少ないと、見た目はきれいに納まります。雨仕舞い上はできるだけ、出が大きい方が、ためによいです。水が切れません。

0 views0 comments

Recent Posts

See All