ドクター雨仕舞い 外壁 雨漏り対策 外壁通気層

Updated: Apr 10



外壁材の下に設けた通気層を伝う雨水です。基礎にでてきました。


何らかの事情により、1次防水で処理できなかった水が、2次防水である、アスファルトフェルト・透湿防水シートの上を流れました。

雨の降った後はいつもこのようになるそうです。


通気層を伝って、外部に排出できました。

雨水が浸入しても、速やかに排出できれば被害は少ないです。

ただし、通常は土台水切りの上にでてくるハズですが、土台水切りの下にでてきました。

これは下葺き材の裏に水が回り、雨漏りになります。

土台水切りの立上げ材の上にアスファルトフェルトがかぶっていないのです。

この外壁通気層は建物の耐久性確保の点で、必ず施工するべきものです。


昔はなかった概念ですが、今では常識です。

コストダウンを狙って、削除してはならない項目です

1 view0 comments

Recent Posts

See All