ドクター雨仕舞い 住宅現場の雨仕舞いポイント

Updated: Apr 13, 2021

住宅現場の雨仕舞いポイント


雨漏りの可能性の高い部位を示します。現場での要注意点、エキスです。 これらの部位を集中的に管理すれば、雨漏りを激減させることが可能です。

①下屋軒先と壁取合い部、捨て防水紙及び壁止まり役物納まり ②バルコニー取合い部のCSガード納まり ③屋根吹抜け部の取合い ④バルコニー掃き出しサッシとFRP防水取合い ⑤パラペット袖壁部と屋根取合い ⑥谷部捨張り・棟部増張り ⑦スレート屋根 ケラバ登り木のルーフィング仕舞 ⑧ケラバ破風・軒の出のない場合の納まり ⑨谷頂部水切施工(ドーマも同様) ⑩壁取合い出隅・入隅増貼り防水紙施工 ⑪軒の出300㎜以下の場合の捨て防水紙施工 ⑫棟違い屋根の施工 ⑬煙突廻りの施工 ⑭入隅部外壁防水紙の重ね代 ⑮外壁防水テープの配管部分 ⑯ドレンとオーバーフロー管 ⑰トップライト部の施工

散水試験の実施や現場での勉強会を実施することにより、大幅に雨漏りが減少します。


1 view0 comments

Recent Posts

See All

我々には、良い住まいの中で、充分に長生きして、素晴らしい人生を楽しむ権利が残されています。生活習慣を点検して、下記の逆を行えば、長生きするでしょう。間違っても、下記の通りを行なってはなりません。 1.夫を太らせなさい、25㎏太らせたら10年早く自由を手に出来ます。 2.酒をうんと飲ませなさい。強い酒を、グラスをほしたら、すかさず何度でも満たしてあげることです。とりどりのおつまみをしこたま出すことも