ドクター雨仕舞い 屋根 雨漏りの可能性 フラットルーフ排水ドレン

Updated: Mar 31


住宅にフラットルーフという屋根が、デザイン上流行っています。

雨仕舞いの観点からいうと暴挙です。

屋根勾配がほとんど無く、水を流すことなく、受けることになるからです。水が流れにくく滞留します。自然の法則に逆らうと、将来に問題が生じます。


屋根勾配が無いと、外部から見て、屋根がほとんど見えません。見えない屋根が優れたデザインなのでしょうか?


日本の家屋において、昔から雨漏りの歴史を踏まえて、屋根形状は、切妻・寄棟を代表に、入母屋・方形・片流れなどがあります。

陸屋根は鉄筋コンクリート造住宅ではよいのですが、木造住宅においては、防水問題を確実に施工しなければなりません。排水ドレンは雨漏りの危険個所になります。水が集中してくるところです。

この写真は排水溝部分に、さらに上部から雨樋がきています。一度、水を受けてから、全体として、再度排水しますから、水量が増加します。


通常点検できない箇所に、ゴミ・泥が溜まります。詰まって、とんでもないことになる可能性があります。点検できる入居者ならよいのですが。入居者も変わる可能性があります。点検をしない人もあります。人に期待したシステムは問題が残ります。


0 views0 comments