ドクター雨仕舞い 屋根 雨漏りの可能性 フラットルーフ立上り

Updated: Apr 13


住宅で、フラットルーフは通常、点検しにくい部位です。入居者が上に上がれないのです。したがって、無理な納めをすると、将来に問題を残す可能性が高まります。また、外から見えにくい部位です。納まりの上での、デザインはそれほど重要視することはありません。写真では、左官仕上げになるところがあります。立上げ高さによりますが、わずかなところであれば、左官仕上げにせずに、板金をそのまま延長して、高くまで施工する方が雨仕舞いは良いです。仕上げを変える必要性を検討すべきです。

デザイン上必要なところはよいのですが、だれも見えないところで、このようなことをする必要はありません。中には、石やタイルを張ることもあります。予算の無駄使いだけでなく、雨仕舞いも悪くなります。

0 views0 comments