ドクター雨仕舞い 店舗の外壁下地

Updated: Apr 12


事務所近くの店舗がリニューアルオープンしました。 工事途中を見ていたのですが、いよいよ大詰め段階になって、外壁正面の工事を見て驚きました。下地として針葉樹合板を張っています。その上に両面テープを張りました。そのまま仕上げの化粧鋼板を押さえつけています。 下葺き材はなしです。合板の上にいきなり化粧です。数年もしないうちに雨漏り被害はでるでしょう。 店舗はこのようなやり方で効率よく片付けるのですね。見た目にはわかりません。数年すると、またリニューアルするということですね。



将来の仕事を予めつくっておくのです。住宅現場では将来の雨漏りを心配して、下葺き材を丁寧に施工します。

外壁通気層を設けたところで、下葺き材には水が流れています。

下葺き材がないと、直接合板に雨水が浸入します。耐水合板でも時間の問題です。このような設計なのか、手抜きなのかはわかりません。耐久性が短いことは確かです




1 view0 comments

Recent Posts

See All