ドクター雨仕舞い 雨漏り原因 フラットルーフのパラペット

フラットルーフのパラペット部分の笠木に、雨水が浸入した雨漏りです。フラットルーフ側からの鋼板防水は、パラペット天端の外側まで施工しています。外壁側の左官仕上げの壁は、立ち上がりまで施工しています。その取合い部分は、何もしていません。職人も配慮不足です。自分の仕事の範囲を狭めて考えています。勝手に自分の都合がよいように、解釈してしまいます。取合い部分にヘラを差し込むと、隙間があいており、奥まで入っていきます。この状態では、水がまわれば、壁内部に浸入します。工事中に、パラペット部分の笠木下の防水状態を確認すれば、防ぐことができた雨漏りです。とにかく、どこでも、笠木は要注意です。

0 views0 comments