• 玉水新吾

ドクター雨仕舞い 雨漏り箇所

「どこから漏れましたか?」「サッシの上の額縁からです。」というように、メンテナンス部門の担当者から、雨が漏れたと報告してくれます。 そのときは必ず、雨水の浸出口を報告してくれます。雨がどこから、入ったかは不明です。このようなことがよくあります。問題は、雨の入り口です。ここを見つけ出すのが難しいのです。これが、プロのノウハウです。見当をつけて、散水してみます。すぐに水が出てくれば、正解だったということになります。散水も、どれくらいの時間、どれくらいの水量を、どれくらいの強さで、行なうかは、難しいです。30分しても水が出てこないが、1時間散水すれば、出てくることもあります。そして1個所ではなく、そこ以外の複数箇所から入っている場合も数多くあります。 大体、1個所だけが悪いとは考えられません。他も悪いところがあるでしょう。見つけたからといって、喜ぶよりも前に、他のところからも入っていないかを考える必要があります。雨の出口よりも上の箇所で、可能性のあるところはどこかをじっくりと検討します。他からは雨漏りしないという証明はできません。

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語