• 玉水新吾

フラットルーフのドレン周りとパラペットはどうか

屋根の勾配がほとんどない、“フラットルーフ”というものがあります。“陸屋根”(ろくやね・りくやね)ともいいます。雨水が流れるためには、屋根には勾配があるものと思う方には考えられないことかもしれません。

住宅の屋根勾配は通常、屋根材料の種類と、流れ長さにより、3寸以上、6寸未満です。6寸以上の勾配では、屋根足場を設置しなければならないため、割高になります。材料メーカーがそれぞれ、保証のできる範囲で設定しています。

鉄筋コンクリート造住宅なら、陸屋根の防水仕様が通常に採用されますが、木質系の住宅でありながら、フラットルーフを採用したがる場合があります。構造が変わると当然、雨漏りリスクが高まります。勾配がないということは、雨水が滞留することですが、本来雨水は、速やかに排出するものです。水が溜まると、劣化が激しくなります。このような勾配では、屋根というよりは、防水として考えなければなりません。

 フラットルーフは、端部が“パラペット”になります。立ち上がりが少ないと漏りやすく、笠木の天端裏も漏りやすいです。パラペット方面への流れる水を受けることになります。

ドレン排水まわりが特に弱点になります。落ち葉が積もって、流れにくくなることもあります。普段の掃除もできにくい状態であり、異常にも気付くことはありません。ドレンまわりは、各種部材が接着されており、必ず劣化が進行しますから、いずれは雨漏りになります。定期点検の際には、必ず確認しておくべき部位となります。外部に後から取り付けする軒樋と違って、パラペットからの排水は、建築の一部となっていますから、リスクになります。“建築化”するとデザイン上はよいのですが、メンテナンス上は問題となることが多いです。

 フラットルーフのある家では、メンテナンス担当者が活躍する機会が増える可能性があります。基本的には、入居者が、スライドハシゴを使わずに、フラットルーフの上に、上れるように設計しておくべきです。メンテナンスもやりやすくなります。メンテナンスしやすいという観点で、設計されることは少ないと思います。


写真1 フラットルーフのパラペットの排水

フラットルーフには、雨水によるヘドロや落ち葉が堆積しますから、定期点検が必要となります。雨が漏って初めて落ち葉の堆積とわかることも。







写真2 立ち上げが少ないフラットルーフ

フラットルーフを採用し、パラペットの立ち上げが少なく、雨漏りの可能性が高いデザインです。完璧な施工を求めるなら、コスト・工期・職人のレベルが必要となります。



0 views0 comments