寒冷期の基礎養生

Updated: Apr 12, 2021

基礎の立ち上がりコンクリートが施工されていました。


寒冷期では、平均気温からすると、型枠存置期間が、6日以上必要です。

その際の養生で、上部のみ養生されていました。

これは夏場の湿潤養生程度です。

上部からの水分の蒸発は防ぎます。

冬場は鋼製型枠を使用するなら、基礎立ち上がり全面に、

シート養生が必要です。


風で飛ばないように、丁寧にシートをかけます。

温度養生としては、不充分です。

1 view0 comments

Recent Posts

See All

我々には、良い住まいの中で、充分に長生きして、素晴らしい人生を楽しむ権利が残されています。生活習慣を点検して、下記の逆を行えば、長生きするでしょう。間違っても、下記の通りを行なってはなりません。 1.夫を太らせなさい、25㎏太らせたら10年早く自由を手に出来ます。 2.酒をうんと飲ませなさい。強い酒を、グラスをほしたら、すかさず何度でも満たしてあげることです。とりどりのおつまみをしこたま出すことも