• 玉水新吾

庇と外壁の取り合いはどうか


最近の建物では、庇(ひさし)がないことが多くなりました。庇は雨が当らないように、また太陽からの日射量の調整に役立ちます。意匠上ない方がよいと判断する設計者もいますが、本来は必要なものです。古い日本の住宅には、建物の耐久性を考えて、当然に設置されていました。

 既製品の庇の問題は、雨漏りの原因となることと、外壁左官取合いのひび割れを誘発することです。雨漏りは、庇の形状によるものと、取り付け位置によるものと、取り付け方によるものがあります。

既製品の庇の形状について、庇の上部立ち上がりコーナーの板金が、一体化せずに、折り曲げただけという部材が流通していました。当然、庇コーナー部の防水テープの施工も、下葺き材の施工もうまくいきません。“ピンホール”ができた状態になりますから、雨漏りの可能性は高まります。

 既製品の庇の取り付け位置について、入隅の庇専用の部材がありません入隅には直角に立ち上がりが必要です。既製品は片方向だけの立ち上がりですから、他方向の立ち上がりがなく、現場で防水テープやシーリング材の施工により、納めていきます。適切な部材を現場に届けない限り、現場の職人任せになります。特別に施工手間をだして指示するなら、職人は納めますが、指示しないと、手間のかかることはしません。本来適切な部材がなければ、最初から現場施工で計画するべきです。優秀な職人で、かつコミュニケーションがとれている場合には、職人が事前に、監督と相談して納めます。事前に相談する職人は多くはありませんが、このような職人の現場では、雨漏りリスクは大きく下がります。

庇の取り付け方について、本体外壁取合い部の立ち上がり板金の上部に、75㎜幅(50㎜幅では少ない)両面防水テープを張り付けます。このときの押え方を充分に行います。防水テープの押え方が甘いと、下葺き材と一体化しません。その場合には、雨漏りの可能性が高まります。施工時期が冬場の場合、防水テープの粘着性が悪くなっていることもあります。その後に、下葺き材を施工して、防水テープと一体化します。外壁通気層には、若干の雨水や結露水が流れます。庇の板金・防水テープ・下葺き材の3つを一体化させることにより、雨漏りを防ぎます。したがって、施工には、押え付けることが重要となります。現場で見ていると、職人がかんたんに手で、少し押さえる程度という施工が多いのです。雨漏りリスクを認識していない職人、その指示を徹底指導しない監督、下請けにお任せする元請住宅会社など、体質から問題です。

 外壁の左官取合いのひび割れについて、外壁がサイディングの場合には問題ありませんが、左官のときは、庇の材質が板金であり、押えると動きます。板金材料の熱による膨張収縮と、左官材料の乾燥収縮もあり、左官と板金の取合いが遊離して、隙間が生じ、浮きます。ひび割れが生じやすくなります。特別に問題ではないのですが、見栄えの悪さからクレーム化することが多いです。


写真:庇の立ち上がりコーナー部

庇を取り外すと、立ち上がりコーナー部が切れています。この部位の防水は大変です。伸縮性のある両面粘着防水テープ75㎜幅を使用して、丁寧に押さえつけます。庇本体を、両面防水水テープによって、外壁下葺き材と一体化させることにより、雨漏りを防止します。

0 views0 comments