• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 人間関係 担当大工の紹介

担当大工を建築主に紹介しているか?

✕管理されていない現場

建築現場がすっきりと見えるのですが、掲示物が一切ありません。 誰が大工の責任者か不明です。 建築主が紹介を受けて、顔馴染みになれば良いといえばそれまでですが、なんとなく億劫です。 担当する現場の、大工責任の自覚は、形がある方が明快です。 掲示することにより、よりはっきりと自覚できます。 頭の中でわかっていることでも、目で見えると違うもので、責任感が生じます。 中には、担当する大工を、工事担当者と一緒に、建築主の自宅まで、訪問して、きっちりと挨拶する施工店があります。これは、他では行わないことであり、評価に値します。 責任の自覚という観点から、素晴らしい試みです。 形として示さないと、自覚は芽生えません。

〇管理のゆき届いた現場

大工棟梁紹介カードの例です。 現場で掲げることができるようケース入りになっています。 教育経歴も記載されています。 現場を担当する大工全員を紹介します。 ヘルメットをかぶって、緊張した顔です。 笑顔だと、なおよいのですが。 建築主が住宅現場に行って、見知らぬ職人と喋るのは、おっくうなものです。 これは、責任を持って担当する大工棟梁を、紹介する写真カードです。 各種の資格が表示されています。 住宅メーカーの技術研修の修了証、足場・木建・鉄骨などの各種作業主任者、職長教育修了などが表示してあります。 氏名・顔写真入りで掲示することによって、責任の自覚が芽生えます。 これらの資格を取得することで、安全・衛生・CSに対する意識が変わります。 素晴らしい試みです。 大工責任者表示、ヨシッ! 


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語