• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 人間関係 職人の挨拶

工事中、職人が近隣の人に挨拶しているか?

×管理されていない現場 挨拶は恥ずかしい、照れくさいから行ないません。近隣の人と目があえば、目をそらすことにしています。 挨拶はマナーだと思いますが、いざというときに声がでませんからね。 職人は腕さえあれば、多少のことは許されますから。人と話をするのが嫌いだから職人になりました。


〇管理のゆき届いた現場 近隣との挨拶ができるかが、評価の対象になるのが現実です。 近隣の人は施主と話をしますが、その際に挨拶をしていただけで評価されています。 職人は腕前と違うところで、評価されています。親方(職長)が挨拶すると、下の職人も挨拶するようになります。 やっぱり、マナー教育と慣れです。挨拶が気持ちの良い仕事の基本です。 職人へのマナー教育“挨拶!”

1 view0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語