• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 人間関係 職人の服装

職人の服装はきっちりとしているか?

✕管理されていない現場 現場に入る職人の服装ですが、通常は職人にお任せです。 個人の自由です。 基本的には清潔な作業服なら問題ありません。 ときどき真っ赤なズボンや目立つものがありますが、感心しません。 建築主が普通の目で見て、違和感を感じるものは避ける方が無難です。 感じるのは建築主であって、職人ではありません。 真夏の暑いときであっても、下着姿や上半身裸の作業は当然不可です。 昔はありましたが、最近は見かけなくなりました。 レベルが上ってきたのです。 下がったら困ります。 本来の仕事がきっちりとできておれば、問題ないというものではなく、現場に入る職人は、上下とも作業服姿が最も理想的です。 これが建築主にとって、評価されるところです。

〇管理のゆき届いた現場 作業服に独自の制服を採用している会社もあります。 足場屋の制服が最も普及しています。 バラバラの作業服よりも、はるかに評価できます。 仕事に対する自覚や、安全に対する配慮なども感じます。 見栄えがするのです。 仕事の取り組み姿勢に、直接は関係ないのですが、何となくシャキッとしており、気分のよいものです。 実際に制服姿で労災を起こす確率は少ないのです。 気分がシャキッとして、仕事に取組む心構えができるものです。 間接的に、品質・納期・安全・人間関係に好影響を与えています。 職人の作業服に不具合なし、ヨシッ!



0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語