• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 人間関係 駐車スペース

工事関係者の駐車スペースは確保されているか?

✕管理されていない現場

工事関係者は現場まで車で行きます。 道具・材料を積みますから、電車通勤というわけにはいきません。 街中での駐車は、大きな問題となります。 工事期間中、近所の駐車場を借りることができればよいのですが、空いている駐車場・コストなどの点で、路上駐車する場合もあります。 各職種の多くの職人が入れ替わり駐車します。 現場にいる期間の長い大工の車が、現場近くの同じ位置に駐車します。 近隣で迷惑を受ける人が立腹して、警察に通報ということもあります。 事前に想定される問題ですから、近隣に対して、どこへ駐車するのか確認しておく必要があります。 可能ならば、予算をとって、工事期間中2台程度の駐車スペースを確保したいものです。

〇管理のゆき届いた現場


やむを得ず路上駐車する場合に、このような手があります。

駐車の挨拶カードを掲示しておくものです。 携帯電話の連絡先を記載しておき、問題があれば、直ちにどけますという意思表示です。 頑張って仕事中ですから辛抱してくださいと、見た人は悪い気がしません。 かなりの確率で駐車違反から逃れることができます。 挨拶することなく勝手に駐車するよりも、マナーにかなっています。 駐車スペースの確保が第1ですが、不可能な場合には手段として、このような手もあります。ただし長期間の場合はやはり駐車スペース確保になりますが。ここでも、近隣挨拶は重要な要素になります。 迷惑駐車なし、ヨシッ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語