• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 品質 アプローチの滑り

床は滑らないか?

✕管理されていない現場

建物のアプローチ部分に赤御影石の本磨きをはりました。 高級な仕様です。 見た目には美しい仕上げですが、雨の日に、歩きますと、滑って転んで痛い目にあうことになります。本磨き仕上げは滑ります。 第一に、恐ろしくて歩けません。水磨き以下の粗面仕上げにするべきです。 お年寄りが滑って、転んで、骨折して、寝たきりになるかもしれません。 家庭内でおきる災害の可能性は、プロとして、排除しなければなりません。 結果的には、写真のように、本磨きの上から、ノンスリップ用に、ざらざらのテープをはりました。 これで、滑りはマシになりましたが、格好のよいものではありません。 当初の設計意図とは違う結果になりました。 生活する上では、デザインよりも安全の方が、優先順位が高いという証明になりました。

〇管理のゆき届いた現場

ポーチ部分には、ザラザラのタイル、アプローチ部分には、滑らない、左官の洗い出し仕上げになっています。 雨のかかるところには、滑りに注意しなければなりません。室内でもフロの土間は水がかかりますので、仕上げに要注意です。 住宅内でおこる災害に、滑って転倒する可能性が、まず一番に上げられます。 住宅内災害を防止するために、設計者の配慮、インテリアコーディネーターの色決めの配慮、現場施工の配慮などが必要です。 気付くことのできる感受性が技術屋には必要です。生活を考えて、各種の提案ができる人が、望まれます。 建築主の将来にわたる生活を想像できることが条件です。 アプローチ仕上げの滑り、ヨシッ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語