• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 品質 サッシのガラス

サッシのガラスは結露しにくいものになっているか?

✕管理されていない現場

サッシのガラスがペアーガラスになっていたならば、写真のような凄い結露は少なくなります。 ペアーガラスにしても、結露がなくなるわけではありません。 外気の温度と、室内の温度・湿度の条件によっては結露が発生します。 ペアーガラスにすれば、結露が発生しないものだと思い込んでいる建築主もいますから、建築主に対する説明に注意します。最近は、ペアーガラスが一般です。 数年前までは単板ガラスが大半でした。 外国では昔から、ペアーガラスが使用されていました。ようやく世界水準になったという感じです。 それでもガラス以外のアルミ枠は結露します。枠にも結露発生が少なくなる工夫がされています。 結露は、温度差があれば発生する可能性があります。

〇管理のゆき届いた現場

サッシがペアーガラスになっています。 中の密閉空気層が12㎜(写真)と6㎜があります。 性能は当然12㎜の方が良いです。 冬場に結露が発生しないのは、気持ちのよいものです。 結露の水が垂れて、サッシ枠から壁体内に浸入しないため、建物の耐久性にもよい条件となります。 防音にもプラスです。 ただし、建築主の住まい方として、室内で水蒸気を多く発生させるような、開放型暖房器具の使用、多数の観葉植物や熱帯魚の飼育、洗濯物を室内で干すことなどは、好ましくありません。 適切なアドバイスも必要です。 また、24時間換気がされているならば、大きな問題はありません。 単板ガラスのところはなし、ヨシッ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語