• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 品質 配管周りの防水

配管周りの防水は大丈夫か?

✕管理されていない現場

外壁を貫通する電気・給排水・ガスなどの設備配管ですが、外壁に穴を開けることになります。 つまり雨漏りの可能性が高くなります。 外壁面だけでは、雨漏りはないのですが、何かを取り付けたり、穴を開けると、雨漏りの可能性が高まります。 外壁下葺き材である、透湿防水シートやアスファルトフェルトにより、外壁面は防水できますが、配管との取り合いは弱点になります。 防水シートだけでは、立体的な防水が困難ですから、雨量と風向きにより、よく雨漏りします。 シーリング材だけでは耐久性の点で不充分といえます。 アール状に丸く施工可能な防水テープが必要です。 建物の基本性能である、雨仕舞いに対して、充分な時間をかけた配慮が必要です。

〇管理のゆき届いた現場

外壁下葺き材である透湿防水紙と電気配線の取り合いです。 「ハイパーフラッシュ」と呼ばれる、アール状に丸く施工可能な防水テープで、立体的に防水しています。通称、伸び伸びテープです。 防水テープを、配管材と透湿防水シートの両方にかけて施工しています。 これにより、雨漏りの可能性が大きく低減します。 外壁サイディング取り合いはシーリング処理になりますが、現在では、ほぼ標準仕様となった外壁通気工法を採用すると、配管周りについては、ほぼ完璧な防水と考えてよいでしょう。 外壁通気工法により、万一、入った水も、通気層により速やかに排出しますから、建物にダメージを与えません。 配管周り防水テープ確認、ヨシッ!


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語