• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 品質 F☆☆☆☆材料の使用

VOC対策のF☆☆☆☆材料を使用しているか?

✕管理されていない現場

「シックハウス症候群」というものがあります。 人により、目まい・嘔吐・発疹などの可能性があります。 使用される建築材料に含まれる「VOC」つまり揮発性有機化合物が原因です。 具体的には、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどが微量ですが含まれていると、可能性があります。 個人差が大きいですが、敏感な方にとっては大問題となります。 合板・接着剤・クロスなどに対して、F☆☆☆☆(フォースター)表示のある材料を使用します。市販品の材料ではVOC対策で最高級ですがゼロではありません。 通常ではこれ以上の対処のしようがありません。床養生材にも注意を払います。 工事完了後、フロアーに、VOCが移っている場合もあります。

〇管理のゆき届いた現場

断熱材ロックウールのF☆☆☆☆表示です。 使用する建築材料には配慮が必要です。 国産品は表示が明確ですが、外国製の材料を使用する場合は、基準が異なり曖昧です。 ホルムアルデヒドは、入居後に搬入する家具や煙草の煙、自動車の排気ガスにも含まれます。いずれの場合にもゼロにはなりません。  計測すると、季節により、データーも異なります。 冬場は合格しても、次の夏に再度、計ると不合格という場合もあります。 とりあえず、F☆☆☆☆表示の確認が必要です。 竣工後は24時間換気を作動させて、できるだけ長時間経過してから、お引き渡ししたいものです。3週間程度が目安となります。 フォースター確認、ヨシッ! 


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語