• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 保護メガネ

電動釘打ち機の使用時に保護メガネをしているか?

×管理されていない現場 釘打ち機のことを現場では「テッポウ」と呼びますが、跳ねた釘は、なぜか目を襲うという経験則があります。 保護メガネをせずに作業し、失明した人は数知れずいます。職人は自分の安全よりも効率を重視するので管理が必要です。 保護メガネが機械購入時に、最初から標準品としてセットされています。安全を守らない職人は、皆に迷惑をかけまくる危険性があります。

〇管理のゆき届いた現場 安全のルールを守る職人は信頼できる雰囲気があります。自分の安全を大事にする職人は、現場も大事にします。 安全のルールが守られる現場は、現場管理も楽に感じます。安全確保は品質・人間関係・工期に好影響を及ぼします。 釘打ち機には保護メガネ使用



1 view0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語