• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 保護帽着帽

現場内では全員ヘルメットをかぶっているか? ✕管理されていない現場

ヘルメットをかぶらない・あごヒモをしめないのは不安全行動です。 適正なヘルメットが準備されていないのは不安全状態です。 不安全状態と不安全行動が同時におこると、災害発生の可能性が格段に高まります。 万一、労災事故が発生した場合のリスクが高まることになります。 作業の準備として、気持ちの切り替えが必要です。

〇管理のゆき届いた現場 工場やゼネコン現場では当たり前のことが、住宅現場では遅れているのがヘルメット着帽。 住宅現場における安全の見本は、ゼネコンの体制です。 安全な作業は安心感を与え、気持ちが落ち着きます。 施主にも好印象を与え、現場作業が良く見えます。 住宅現場でもヘルメット着帽は標準になるのが時代の流れです。 現場内全員ヘルメット体制の確立!




0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語