• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 安全帯(要求性能墜落制止用器具)の使用

安全帯(要求性能墜落制止用器具)は正しく使用されているか?

✕管理されていない現場

危険な箇所で作業する際には、墜転落防止措置を講じなければなりません。 その対策の1つが安全帯(要求性能墜落制止用器具)の使用です。 安全帯(要求性能墜落制止用器具)を着用し、親綱に引っ掛けて使用すれば、墜転落災害はおこらないことになります。 死亡災害の多くは、墜転落を伴います。 墜転落災害を撲滅すれば、死亡災害の大半は防ぐことが可能です。 この現場では親綱が外されて地面に放置されています。 安全帯(要求性能墜落制止用器具)が適切に使用できない状態です。 職人は自分の安全のための設備を、用意してもらっているにもかかわらず、施工性だけのために、自ら親綱を外しました。 そして、誰も復旧していません。 このような現場では、随所に不安全状態が見受けられるはずですから、厳しく、チェックします。

〇管理のゆき届いた現場

最も高所となる屋根作業ですが、親綱が設置してあります。親綱は最後まで設置しておきます。 安全帯(要求性能墜落制止用器具)が使用できる条件ができています。 親綱が設置されていないと、屋根作業では安全帯(要求性能墜落制止用器具)も使用できません。 安全帯(要求性能墜落制止用器具)を使用せずに、墜転落災害がおこり、死亡災害となった場合には、労働基準監督署・警察署から責任の追求が厳しくされます。 労働安全衛生法により、安全の責任者は大変な目にあいます。 職人が災害に巻き込まれると、本人とその家族はもとより、施工店・元請会社から建築主に至るまで、大変な迷惑になります。

広範囲に影響を及ぼすことになります。 安全帯(要求性能墜落制止用器具)と親綱の使用、ヨシッ!


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語