• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 屋根上に親綱

屋根上に親綱は設置されているか?

✕管理されていない現場 2m以上の高さは、「高所作業」とされています。 屋根工事は現場の最高所作業ですから、危険なところです。

墜転落の恐れのある危険箇所で作業する場合には、安全帯(要求性能墜落制止用器具)を使う必要がありますが、その際に安全帯(要求性能墜落制止用器具)を掛ける親綱が必要です。 この現場には親綱が設置されていません。 安全帯(要求性能墜落制止用器具)が使えない不安全な状態です。 職人に安全帯(要求性能墜落制止用器具)を使うように指導しても、親綱が設置されていなかったならば、やはり片手落ちです。 安全帯(要求性能墜落制止用器具)vをただ腰にぶら下げているだけでは、安全のための安全帯(要求性能墜落制止用器具)になります。 住宅現場では、昔から、「俺は猿回しの猿と違う」と言って、安全帯(要求性能墜落制止用器具)を使用しない職人が多数おります。 あるいは安全帯(要求性能墜落制止用器具)を体に付けているだけで使用しない場合が多いので、監視します。


〇管理のゆき届いた現場

最も高所作業である屋根工事は親綱が張り難いのですが、足場を補強して、緊張機でピンと張ります。親綱の設置をしっかりしておけば、職人にも堂々と指導できます。 現場で安全帯(要求性能墜落制止用器具)を所持して、かつ使用している職人は、安全に対する意識が高いといえます。 それなりの職人です。 恐らくその職人は、安全以外の品質・工期・環境面においても、それなりに配慮のできる水準の職人と思われます。このような職人が入ると、現場はスムーズに流れます。 そして、クレームも発生しません。このような職人は、大切にされなければなりません。 親綱の設置状況、ヨシッ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語