• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 敷地の高低差

敷地の高低差対策はされているか?

✕管理されていない現場

住宅現場の敷地には、高低差がつきものです。 その段差は障害物となります。 足場の足元は処理されずにそのまま足場が組まれてしまいました。 足元のジャッキベース部分の下部が下がるのですから、支持効果はありません。 不安全な状態になりました。 工事の進行に伴い段々下がってくるでしょう。 仕事をするにも通りにくく、効率は悪く、見栄えも悪く、安全ではありません。 段取り8分、仕事2分といいますが、だれも気付かず、対処せずで、進行しています。 言われたことだけをするのではなく、コミュニケーションの不足を感じます。 通常の目で見て、何か変だなということは、やはり変なのです。ブロークンウィンドウズです。 報連相(報告・連絡・相談)ができる雰囲気も必要です。

〇管理のゆき届いた現場

足場で階段をつくりました。 作業員の安全と同時に効率よく仕事ができます。 現場で効率悪くならざるを得ない場合には、問題があります。 問題を解決せずに、そのまま進行させると事故災害につながります。 それにしても、職人は自分たちで問題を解決せずに、危険なまま、効率が悪いまま、文句をいいながら作業します。 改善して、安全に効率よく仕事をしようとはしません。 したがって、管理監督者が必要なのです。 その管理監督する人が、気づかなければ、そのままです。 現場を管理するには感受性が必要です。感受性のレベルは人により、状況によりバラツキます。 現場に携わる人は、感受性のレベルを上げることに気を使うべきです。 高低差は問題なし、ヨシッ! 

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語