• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 朝礼

現場で朝礼がされているか?

✕管理されていない現場

ビジネス社会では、朝礼は当たり前で行われています。 工場やビル工事現場では普通に行なわれますが、住宅現場では、朝礼が省略される傾向にあります。 それは、工事の責任者が、その現場に常駐しないシステムですから、少ない人数で、恥ずかしい、照れくさいという感覚で、いきなり仕事を始めます。 しかし、朝礼で報告・連絡・相談を行って、心構えをつくってから一斉に作業開始すると、安全・品質・工期など情報の共有が可能です。 わずか数分の時間を惜しんで作業しても、打ち合わせ不足による損失の方が大きくなる場合が多いのです。 朝礼の音頭とりができるのは職長に相当する、その職種の現場責任者です。 作業開始前の朝礼は仕事を開始するけじめとなります。

〇管理のゆき届いた現場

住宅現場で朝礼・ミーティングをする場合があります。 各職種の職長がしっかりしている場合に可能です。 朝礼の重要性を認識できる職長ですから、すべての点で配慮がゆき届きます。 このような職人が入る現場では、指揮命令系統がしっかり統率がとれていますから、間違いのない仕事になります。 工事担当者も安心できます。 現場では職人の腕前そのものよりも、このようなところで、レベルの判断ができます。 住宅建築もビジネスであり、多くの職種の、多くの職人が入る現場で、朝礼やミーティングが行われないことは本来、おかしいことです。 昔の慣習をそのまま引き継いでいますが、そろそろ転換しなければなりません。 現場での朝礼 ヨシッ!


1 view0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語