• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 足場部材

足場部材が外され、下に放置されていないか?

✕管理されていない現場

足場の部材が、多数地面に落ちています。 足場は本来取り付くべきところに、取り付いて初めて安全なものです。 何らかの事情により、足場の部材を外したまま、放置されています。 材料搬入時などに外す場合には、足場作業主任者の有資格者が、取り外しと復旧を、責任を持って行なわなければなりません。 足場を変更する職人は、足場作業主任者の資格取得が必要です。 基本的に足場には不要な部材はありません。 足場設置時に、取り付いていた足場部材が、地面に落ちているということは、足場のどこかが、不安全な状態になっているということです。 誰も注意することなく、見過ごされているならば、管理されていない現場といえるでしょう。

〇管理のゆき届いた現場

地面には、きれいに真砂土が敷いてあり、平滑になっています。 安心感があります。足場材料は当然のことですが、ゴミ一つ落ちていません。 現場管理の誠意を感じるところです。自信をもって、建築主と話ができます。 その現場が、常にこのような状態であるならば、それは素晴らしいことです。 恐らく、優秀な現場監督・職人が管理しているからでしょう。 足場の材料を取り外し、復旧するには、足場作業主任者の資格が必要です。 大工・屋根・外壁など、足場を使用する職人は、有資格者であるべきです。足場は多くの職種の多くの職人が使用しますので、多くの有資格者が必要となります。安全関連の資格取得は、職人としての自覚が生まれます。 足場部材の外しっ放しなし、ヨシッ!




0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語