• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 電工ドラム

適正な電工ドラムを使用しているか?

✕管理されていない現場

住宅現場において、職人の使う電動工具や機械類が、汚れ・傷んでいるのは、見苦しいものです。 このようなものを使って、自分の家がつくられていると思うと、あまり良い感じはしません。 それを指摘されると、職人として、住宅会社としてのプライドが傷ついています。 電気コードが這い回り、ねじれ、からまり、切断してテープ修理されているようなところを、建築主に見せてはいけません。 品質も大丈夫かなと疑って感じてしまいます。 感じるのは建築主ですから、職人には相手の立場で考えるという習性がないかもしれません。 自分の都合で考えてしまいがちですから、教育が必要なのです。 安全面で漏電事故が起こらないようにお祈りします。

〇管理のゆき届いた現場

大工が使用している電工ドラムをみると、大工の人間性のレベルが大体わかります。 きっちりとした性格かどうかです。 適正な電工ドラムを、ていねいに使用している大工なら、仕事を任せて大丈夫といえます。 腕のよい職人は大体、工具を丁寧に扱います。 工具の扱い方で、人間性を判断されてしまうのが現実です。 工事用仮設電気ポールから、電気コードを引っ張りますが、アースがついているか、3芯になっているかなどを確認します。 それにしても、泥のついた、傷のついた、電工ドラムが多いようですが、感受性の優れた職人ならば、このあたりを配慮するはずです。 電工ドラム確認、ヨシッ!


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語