• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 安全 電線の防護管措置

電線の防護管措置はよいか?

✕管理されていない現場

現場では重機を使用するときがあります。 移動式クレーン(レッカー車)・コンクリートポンプ車などを使用する場合です。 その際、電線が邪魔になります。 電線にあたると大変なことになりますので、工事開始までに、電力会社に段取りして、防護管を取り付けてもらいます。 労働基準監督署からの指導があります。 防護管を取り付ける前に、工事に着手することは不可です。防護管設置費用はコストが発生しますが、安全のためですから、コストがかかるからといって、防護管を設置しないわけにはいきません。 重機を使用しない条件なら、防護管は不要ですが、足場の近辺に電線が通過している場合には、防護管を設置した方が無難であることは当然です。

〇管理のゆき届いた現場

現場で、きっちりと電線に防護管が施工されています。 重機が入っても安心できます。 現場で重要な品質(Q)・コスト(C)・工期(D)の前提条件が「安全」(S)ですので、

配慮されなければなりません。 安全はあって当たり前の世界ですから、特別にいわないことも多いです。 前提条件という考え方です。 仕事をする際には、そのための段取りが大切です。 段取り8分に仕事2分ということがよくいわれます。仕事のできる工事担当者は全員、段取りが優れています。 事前に先読みして、次に何が必要かを読めなければなりません。問題が発生してから、やっと段取りするようでは問題です。 電線の防護管設置、ヨシッ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語