• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 工期 プレカット

現場搬入前にプレカットしているか?


✕管理されていない現場

住宅現場において、現場作業をゼロにすることはできませんが、できるだけ、現場搬入前に工場で加工してくる、プレカット方式が望ましいといえます。 現場で材料の加工を行いますと、現場の工期・安全・品質・環境などに悪影響を与えます。 現場作業を減らすことにより、現場での工期短縮になります。 品質も職人によるバラツクことなく確保できます。 安全も確保できます。 現場の廃棄物が減ることにより、環境にも役立ちます。 コストは上昇する場合もあり、微妙なところです。

プレカットは建築現場では、いかなる場合であっても正義になります。 現場を舞台と考えるならば、舞台裏は建築主に見せない方がきれいです。 表舞台を、いつでも見せることができるきれいな状態に整理・整頓するべきものです。

〇管理のゆき届いた現場

最近では、各住宅会社ともプレカット方式が進み、構造体は元より、小屋組み・野地板・軒天材・外壁材などもプレカットして現場搬入することが多くなりました。 現場で職人が加工するよりも、平均点は上です。 CADを利用した機械加工・常時その作業を行う工場労働者が、決められた通りの作業を行うほうが確実です。 現場では、取り付け作業のみを職人が施工する方が早く、そしてスマートに見えます。 ただ現場で取り付ける場合に、微妙な調整はできにくくなっており、事前にポイントを押さえておく必要があります。微妙なところは現場施工でと調整シロも必要です。 職人なら誰もがもっているノウハウです。 プレカットによる工期短縮、ヨシッ! 

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語