• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 工程 作業開始時間の管理

作業開始時間の管理は万全か?

✕管理されていない現場

住宅現場では通常、午前8:00に作業を開始します。 それより速いと近隣に迷惑をかけます。 周りに何もないところは別として、街中で工事する場合には8:00~18:00が一般的な作業時間です。 労務管理から考えると、昼の休憩その他で、8時間労働ですと、終了時間が少し速い場合もあります。 職人の仕事が日当制と請取り制で、時間はかわります。 工期の関係で、遅くまで作業する場合でも、音のしない作業や段取りをするなどの配慮は求められます。 近隣関係は建築主が長期に渡って、住む場合に重要な要素ですから、工事期間中の迷惑はなるべく減らす必要があります。 駐車・音・振動・埃・ゴミなど多少の迷惑はかけますので、配慮しなければなりません。

〇管理のゆき届いた現場

材料搬入や大型重機搬入時は、特に注意しなければなりません。 通学路などで工事する場合には、そのような時だけでも、ガードマンが必要となることもあります。 大型材料搬入のトラックは、現実には夜に走行することが多く、早朝に到着して、近隣で待機し、午前8:00に現場に到着します。 それから荷下ろしを行ないます。 時には運転手の都合で、早朝に材料を無理矢理搬入して、近隣からクレームになることがあります。街中で工事するときは配慮が必要です。 作業開始8:00という時間を厳守することは、現場のマナーです。 現場搬入時刻8:00、ヨシッ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語