• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 現場管理 ラジオ騒音

工事中のラジオ・話し声が近隣迷惑になっていないか? ×管理されていない現場



1Fで大きな音のラジオ、2Fで職人が聞いているのは不可。職人同士の大声の話し声・内容が、近所に筒抜けなのは不愉快。 聞かれてはならない内容を大声で話すのは不可。騒音は人により感じ方が異なるので注意します。 感じるのは近隣の人であって、職人ではありません。直接の工事そのものの音でないものはすべて騒音扱いです。 〇管理のゆき届いた現場


直接作業そのものの音のみ聞こえるのはよし。上棟以外では、大勢で作業をしないことです。 大勢で作業すると、話し声も大きくなります。 突貫工事で応援の職人をいれないように、工程管理をします。 一般にしゃべり過ぎる職人は問題が多いです。 外部仕舞いが済むと、騒音についてはとりあえず安心です。 まず、外部仕舞いが優先です。 工事以外の騒音を出していないか! ヨシッ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語