• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 ゴミの分別

ゴミの分別はできているか?

✕管理されていない現場 現場から出る産業廃棄物は、まず現場において、分別をしてから、収集運搬業者にわたします。 そして、中間処分業者・最終処分業者と決められたルートにしたがって流れます。 住宅会社により、分別のレベルは異なりますが、たとえば、木くず・紙くず・廃プラスチックス・廃石膏ボード・ガラス陶磁器くず・その他のように分別します。 昔は、混合廃棄物として、まとめて出していましたが、社会的に通用しにくくなり、リサイクルしやすいように、現場で分別しなければなりません。 分別できない下請け業者は淘汰される運命にあるかもしれません。 金属くず以外は、採算ベースにのりにくいため、適性に管理しておかないと、不法投棄になる可能性があります。 不法投棄されますと、元請け会社は、マスコミにのり、懲罰的罰金を受けます。

〇管理のゆき届いた現場 ゴミ袋を種別ごとに分け、現場でていねいに分別されていると、環境問題への配慮として、実に気持ちのよいものです。 職人のマナーに感激します。 このように、ていねいに分別されている現場は、職人のレベルからして、他の品質・工期・安全面などでも問題が少ないはずです。 建築主からのクレームも少ないでしょう。 分別することにより、建築材料をていねいに扱うようになります。 整理・整頓にも配慮しないと、うまく分別できませんから、現場がきれいになっていきます。 昔は現場のゴミは、すべて混合廃棄物として、出していましたが、現在では現場の段階で分別します。 その方がコスト縮減になります。 厳しい時代ですから、差をつけられないようにします。 ゴミ袋はていねいに分別、ヨシッ! 


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語