• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 ゴミ箱設置

ゴミ箱はきちんと設置されているか?

✕管理されていない現場

現場では必ずゴミが発生します。 現場から排出するゴミを産業廃棄物といいます。 家庭から排出する一般廃棄物のゴミとは明確に区別して、適正に処分しなければなりません。 同じダンボールであっても、現場から出る梱包材は産業廃棄物、家庭から出る梱包材は一般廃棄物になります。 混合することはできません。 税金で処分するものと、企業が処分するものは区別しなければなりません。 廃棄物の処分にはコストがかかるため、場合によっては不法投棄され、元請け業者が罰金になる例もあります。 したがって、ゴミの管理は重要で、現場管理のレベルがわかります。 ゴミ箱がきれいに設置されていない場合には、何らかの問題がある場合が多いのです。

〇管理のゆき届いた現場 昔は、すべての産業廃棄物を分別せずに、混合廃棄物として、処分していました。 外部のあいた場所に、うず高く積み上げて、雨に濡れても気にしませんでした。 最近は環境問題が厳しくなり、廃棄物種別ごとに分別します。 その際に、石膏ボードやダンボールなどの紙くずは、雨に濡れると、リサイクルできないために、雨養生します。 ゴミ箱にシートをかけて、雨に濡れないように配慮します。 したがって、ゴミ箱といっても結構立派な設備になります。 現場で、石膏ボードやダンボール紙が雨ざらしになって放置されているのは惨めです。 現場の管理レベルは昔と違って基準が上がってきています。 ゴミ箱の管理、ヨシッ! 








0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語