• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 仮設トイレ

仮設トイレはきれいか?

✕管理されていない現場 「朝顔」と呼ばれる簡易トイレですが、最近は見かけなくなりました。 現場にこれが設置されると、工事管理の全ての点で、問題が残ります。 仮設トイレそのものが設置されないのは論外です。 仮設トイレは設置されていますが、汚れ匂いが気になります。 誰も掃除しません。 トイレットペーパーもありません。 トイレの入り口に障害物があります。 汚い仮設トイレは、ブロークンウィンドウズそのものです。

住宅現場で、まず一番に「仮設トイレを見ると、その現場のレベルがわかる」と昔から言われています。 工事担当者・職人の人間性が如実にわかってしまう恐ろしいところです。 汚い仮設トイレが設置されっ放しの現場では、建築主が満足感を得る可能性は低いのです。 全ての点において、大きく影響します。 仮設トイレを汚れにくくするには、入り口前面に砂利を敷くなどの配慮が必要です。 トイレをきれいに使用できない職人は、現場もきれいにできないという相関があります。

〇管理のゆき届いた現場

仮設トイレを設置した上に、さらに化粧カバーを取り付けています。 グリーンをあしらい、頑張っている姿がうかがえます。 仮設トイレの中がきれいです。 トイレットペーパーも掃除道具も完備しています。 しかも掃除をした日のチェックリストもあります。 最近では仮設トイレに、目隠しカバーを設置することが増えてきました。 設置場所も可能な範囲で、隣家の玄関や窓の位置を考慮する配慮も必要です。 このレベルの仮設トイレが設置されている現場は、品質・工期・安全・環境・人間関係など、全ての点で優秀といえます。 直接の仕事ではないところで、判断されています。 たかが仮設トイレとバカにしてはいけません。 トイレの掃除、ヨシッ! 



1 view0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語