• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 仮設水道の排水処理

仮設水道の排水処理はされているか?

✕管理されていない現場 現場では、着工前に仮設水道を立ち上げます。 水道がないと仕事ができませんから、当然です。 着工しても、水道がない場合がありますが、その場合には近所から借用せざるを得ません。 段取りの悪さをあらわして、格好の悪い話です。 建築主も、施工店の段取りが悪いということで、つらい立場になります。 給水は設置しますが、排水は知らん顔で、垂れ流し、周りは水浸し状態ということがあります。 施工環境の悪化です。 現場に入る職人も迷惑します。 敷地に排水が溜まっていると、見た目にも感じが悪いです。 まわりも汚らしく、きれいな現場になりません。 現場の印象が悪いと、他も全部悪く見えます。

〇管理のゆき届いた現場

最近では、仮設給排水をきっちりと施工することが多くなっています。 現場の管理レベルが上がっています。 昔のままを持続していると淘汰されていく運命にあります。 敷地で水が溜まり、じゅくじゅく状態では不可です。 まわりも樹脂製の踏み台を置くなど配慮が感じられます。 現場では、結局どれくらい配慮したか、その配慮を建築主が感じとってくれるかがポイントになります。 これらの誠意が伝わるならば、現場は順調に進行します。 現場管理がきっちりとできている現場では、品質・納期・安全衛生・環境・人間関係なども、きれいに納まってきます。 仮設給排水設備の管理、ヨシッ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語