• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 建物周りのシート敷き

建物周りのシート敷きはよいか?

✕管理されていない現場 現場では、建物の周囲は土のままが一般です。 土のままでは、作業中、靴に泥がついて、そのまま玄関ポーチ部分も土だらけになります。 幾分かは床上にも上ります。 現場には多くの職人が出入りしますから、床養生していても、床のキズの原因になります。 現場にいつ行っても、清掃がいき届いていなかったら、工事管理や職人の人間性に難点があります。 満足感の得にくい状態となるでしょう。 現場では「土足厳禁」と書かれた標語を見かけます。 少しでも、土を床上に上げないように配慮するからです。 周囲が土のままでは、せっかくの標語が生きてきません。 原因となる土は、なるべく元から、解決していきたいものです。

〇管理のゆき届いた現場

工事中、建物の周囲に、シートを敷いたり、砂利を敷くことがあります。 作業性の向上と同時に、見栄えが非常によくなります。 シート敷きは、現場に入る職人にもよい影響を及ぼします。 自然に現場をきれいにするようになるからです。 土を室内に、上がりにくくすると、現場の印象はかなりアップします。 汚れにくい現場は、清掃もやりやすいのです。 まともな仕事をする上での必要条件が、現場をきれいに片付け、清掃することです。 現場の基本として、よく5Sと言われます。 整理・整頓・清掃・清潔・躾のことです。 5Sが配慮された現場は、自然とうまく進行します。 基本に忠実ということでしょう。 建物周囲のシート敷き、ヨシッ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語