• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 職人の車のエンジンかけっ放し

職人がエンジンかけっ放しで昼寝をしていないか?

✕管理されていない現場 真夏の暑い日の昼食時、職人が車の中で、エアコンをかけて昼寝をすることがあります。 力仕事をする職人が疲れて、少し昼寝をしたい気持ちはわかります。 住宅現場では、大きなビル建設現場のように、職人のリフレッシュ施設を設置することはできません。 ところが、エアコンをかけっ放しでは、近隣の住人からすれば感じのよいはずがありません。 窓をあけて、網戸をしているところへ、排気ガスが、まともに入ってきます。 現場では騒音・振動・ほこりなど、近隣にとって迷惑な要素は多くあります。 さらに排気ガスではたまりません。 近隣のよしみと、工事期間限定だから、辛抱してもらえます。 それに甘えてはいけません。 住宅会社は、工事終了後、近隣とは縁が切れますが、建築主と近隣は、末永く付き合います。

〇管理のゆき届いた現場 工事期間中、近隣の迷惑に対しては、極力配慮をしなければなりません。 車内のエアコンではなく、現場内の扇風機で我慢する方がうまく現場が進行します。 職人の人間性やマナーが重要視されます。 住宅会社にとっても、工事担当者にとっても、近隣とトラブルをおこさない職人が好ましいわけです。 職人が近隣とトラブルをおこして、謝りにいかなければならない立場はつらいものです。 今後の社会では、近隣とトラブル状態になる場合が、増えると予想されます。 お互い様という意識が希薄になってきているのも感じます。 近隣にとって、いつのまにか竣工していたという状態がよいのです。 エンジンのかけっ放しなし、ヨシッ! 


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語