• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 解体工事の養生

解体工事の養生はできているか?

✕管理されていない現場 解体工事は、現場に着手する最初の工事になりますから、細心の配慮でもって、近隣とトラブルになることは、避けなければなりません。 最初が肝心です。 解体工事は、新築工事に比べ、騒音・振動・埃などが圧倒的に大きい問題の工事です。 したがって、シート養生を高く、充分に散水して、埃を少しでも減らす努力をします。 現場作業は、近隣に対して、迷惑をかけるのは事実ですから、少しでも緩和する配慮が必要です。 その配慮が近隣に伝わらなければなりません。 シート養生が全面でなく、高さが低いと、解体作業が丸見えとなり、近隣は不安を感じます。 工事途中に、解体終了したところから、順次養生シートを外していくことも不可です。


〇管理のゆき届いた現場 解体する建物が外部から、まったく見えません。 シート養生をしっかりと行なっているからです。 何となく騒音・埃も少ないように感じます。 見た目にも安心感があります。 搬出用トラックも敷地内にいれ、シートをかけています。 積み込み終了後、搬出するときだけシートをあけます。 完璧な解体養生です。 解体工事はきれいな作業ではなく、埃まみれになる大変な作業です。 工事中は舞台裏となりますから、なるべく見せない方がうまくいきます。 養生シートも、汚れのひどいものや、破れているものは当然不可です。 養生シートをきっちりと隙間なく、施工するという見栄えが必要です。 解体工事の養生シートは、隙間なし、ヨシッ!



0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語