• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 道路・側溝の養生

道路・側溝の養生はできているか?

✕管理されていない現場 現場の前面道路の側溝に、一部鉄板で養生してあります。 しかし、残念ながら気持ちよい状態ではありません。 側溝養生が全部ではなく、中央の一部ですから、不足しています。 敷地内の土が側溝へ、こぼれる状態です。 土がこぼれる場合には土留めが必要です。 後一歩が不足しています。 違いはこの一歩だけです。 住宅現場の工事中は、騒音・振動・埃・車など、多かれ少なかれ近隣に迷惑をかけることになります。 特に敷地外である側溝に、土やゴミが流れるなど、迷惑を及ぼすことは避けなければなりません。 なるべく目立たないように、近隣の方が、気になる前に、いつのまにか工事が終わっているのが理想です。

〇管理のゆき届いた現場 前面道路の側溝にきっちりと鉄板で養生がしてあります。 合板の養生よりも優れています。 気持ちよい状態になっています。 管理の誠意を感じます。 何が違うのか? 後一歩がきっちりと押さえてあるかどうかの違いだけです。時間的な差はほとんどありません。 しかし印象は全く違います。 車が出入りする場合には、道路上に車輪跡が残らないように、毎日掃除する配慮も必要となります。 後一歩はわずかな一歩ですが、印象は大きく違います。 後一歩ができない場合が多いのです。 それは、少しでも楽をしたいという気持ちが、人間には必ず、あるからです。注意したいところです。 道路・側溝養生 ヨシッ!


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語