• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 電動工具のコード

電動工具のコードが乱雑に這い回っていないか?

✕管理されていない現場 工事中の現場においては、電動工具を多用します。 今では、電動工具がなかったら仕事ができません。 現場で使用される電動工具には、丸ノコや釘打ち機をはじめ、多くの種類があります。 職人が別々に電動工具を使用するため、電工ドラムからタコ足配線形式で、それぞれのコードを長く引っ張ると、電気コードが這い回ることになります。 中にはコードがからみあって、外れないこともあります。 これでは現場が片付いていないという印象を与えます。 管理していないシグナルの発信です。 実際に床上をコードが這い回っていると、掃除がうまくできず、自然と片付いていない現場になります。 それは職人にも感じるようで、このような現場では、すべての扱いがぞんざいになり、現場のレベルが低下することになります。

〇管理のゆき届いた現場 職人によりますが、1時に1種類の電動工具だけ電工ドラムにつなぎ、きれいに片付けながら仕事をする人もいます。 また、床上にコードを這わさないために、フックを採用して、上部空間にコードを這わす場合もあります。 よく、「足の踏み場もない現場」と表現されますが、床上が片付いていないと、印象・安全・仕事の効率などが悪くなっていきます。 現場の片付けに、最も大きく影響する職人は何といっても大工です。大工の人間性ですが、マナー教育によって、かなり良くすることはできます。 きっちりとした大工の現場はいつもきれいです。 そしてきれいな現場は順調に進行します。 足の踏み場もない現場で、仕事をしなければならない、大工以外の職人は気の毒です。 電動工具のコードは、這い回りなし、ヨシッ!  



0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語