• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 環境 養生メッシュシート

養生メッシュシートの台風対策はされているか?

✕管理されていない現場 養生メッシュシートと、イメージシートが非常にきれいに貼られております。 通常はこれで必要かつ充分です。 しかし、台風通過時には、風圧を受けて足場が危険な状態になります。 メッシュシートは風が通るというものの、台風の時には無理です。 一般的には、養生メッシュシートをとり外すのではなく、足場の建地に、たぐり寄せる方法がとられます。 そして台風通過後は直ちに復旧するのは、いうまでもありません。 台風が来るときに養生メッシュシートがそのまま貼りっ放しでは管理がされていない現場になります。 台風通過後に養生メッシュシートが復旧されずにたぐり寄せっ放しもまた管理されていない現場といえます。

〇管理のゆき届いた現場 足場の建地に、養生メッシュシートを手繰り寄せた例です。 強風時には、このような管理が必要です。 結構手間がかかり、養生メッシュシートを、元の張った状態に復旧していない現場が、数多く見受けられます。 中には、そのまま竣工させてしまったという、つわものもいます。 特に夏場は養生メッシュシートがない方が、風通しが良いということで、現場監督から、養生メッシュシート復旧の注意を受けるまでは、職人が放りっ放しにする場合があります。 台風通過後に直ちに復旧されている現場は、すべての点で行き届いています。 このようなところで、判断されています。 台風時の養生メッシュシート、ヨシッ!



0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語