現場のブロークンウィンドウズ 産業廃棄物


産業廃棄物 石膏ボード 住宅現場では、石膏ボードは耐火性と、金額の安さから多用されます。現場では、壁・天井はクロス張りが多いですが、下地はすべて石膏ボードになるのが普通です。 工場でプレカットする方法もありますが、石膏ボードのプレカットは難しく、現場カットすることが通常です。ということは、現場でゴミがでることになります。 その石膏ボードのゴミですが、リサイクルしようとすると、濡らしてはいけません。乾燥した状態でないと引き取ってくれません。 濡らすとゴミ、濡らさなかったら資源となります。もっとも、資源といっても、リサイクルした石膏を数%混ぜるだけです。多くを混ぜることができずに、無理矢理リサイクルです。

この現場は濡れ濡れ状態ですから✕です。環境への配慮不足です。

0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語