現場のブロークンウィンドウズ 産業廃棄物 分別


住宅現場から出るゴミは産業廃棄物になります。産業廃棄物以外が一般廃棄物です。 ゴミを現場で分別して、許可を受けた収集運搬業者に渡します。 マニフェスト伝票を渡して管理しなければなりません。 同じダンボールでも、現場からでると産業廃棄物、家庭からでると一般廃棄物になり混合することは許されません。犯罪になります。 その際に、石膏ボードや紙くず(ダンボール)は雨に濡らさないようにします。 濡らすとリサイクルできないという理由で引き取ってくれません。

永らく満杯で野ざらしになっているゴミ箱です。 ブロークンウィンドウズそのものです。 メーカーも基本的には引き取りたくありませんが、社会的要請で仕方なく引き取り、材料の再生品として、一部混ぜます。 リサイクルで経済的にあうものは金属くずだけです。 金属以外のゴミは値段があわないために、捨てた方が安くなります。 それを無理矢理あわせるシステムを押し付けて、運用します。 それが社会的要請ですから、やります。現場で職人が一生懸命分別してきれいに片付けていると、感激します。


0 views0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語