• 玉水新吾

現場のブロークンウィンドウズ 職人の確保はできているか?

職人の確保はできているか?

✕管理されていない現場

工期を守る上で、職人の確保が前提条件となります。 住宅業界では、工事の平準化が難しい場合があります。 仕事量の確保を優先的に考えて、会社の決算期・建築主の入学時期などは繁忙期となり、繁忙期が終わると暇な時期になります。 民間会社ですから、仕事の繁忙期を基準に職人を確保しません。 現場のブロークンウィンドウズ 工期 職人確保

平均時期をベースに、繁忙期には残業に残業を重ねて無理をします。 したがって、契約工期の設定を間違えると大変なことになります。 職人の施工能力と・会社の業績向上・建築主の意向などを総合的に判断して、契約工期を設定します。 無理を通り越して、無茶な工期になってはいけません。 逆に職人に仕事がなく、永く遊ぶのはもったいない話です。

〇管理のゆき届いた現場

優秀な職人が、計画通り順番に入って、順調に工事が進行すると気持ちのよいものです。 多くの応援の職人が、同時に入って突貫工事になると、余裕が感じられません。 逆に、職人の入らないアキの日が目立つのも感心しません。 現場には、適度な進行が必要です。 自然に、品質も安全も確保できます。 どこか余裕が感じられ、安心できます。 住宅業界では、優秀な職人でも、大事にされない雰囲気があります。 残念なことです。現場では職人による作業が、必ず必要ですから、ギスギスした雰囲気は問題です。 温かみのある現場は何となくわかるものです。 職人の段取りは大丈夫、ヨシッ! 

1 view0 comments

Recent Posts

See All

コラム④ 安全第一

コラム④ 安全第一 1906年、アメリカの鉄鋼メーカー、U.S.スチール社(米)のゲーリー社長は、労働者の災害が多発している状態を見て、「安全第一、品質第二、生産第三」を社是に掲げました。これを徹底したところ、災害の発生件数は減少し、同時に製品の品質や生産性も向上しました。それまでは、整備の行き届かない設備などにより、労働者が落ち着いて作業できる環境ではありませんでした。しかし、「安全第一」の標語